ゴミ屋敷

ゴミ屋敷になりやすい人の特徴と改善方法

大量のゴミ

どんな人がゴミ屋敷を作りやすいのかと言えば、物を大事にしすぎる人で心を許せる人間が少なく、ズボラで面倒くさがりな、少しわがままな人が多いようです。面倒だから明日でいいやなどと言っているとたちまち沢山のゴミが溜まってしまいます。それを処理するのが面倒くさいからと、更にゴミが溜まりその繰り返しで最後にはゴミ屋敷になってしまいます。
ゴミ屋敷にしないための方法と言えば唯一つ。不用品と必要品を整理する事です。とはいえ、今まで買い集めたものなど大事なものや捨てたくないものも沢山あるはずです。まずは自分の性格や家の中の現状を受け入れて、周囲との違いを確認する事から始めるのが良いでしょう。自分ルールと社会や周囲の人とのルールは得てして違う事が多々あります。何年も使わない物を大事にしているのも自分ルールです。その概念を少し緩めてあげる事がまずは必要になります。
物が溢れかえるような状況であれば周囲を見渡してみる事です。人間は人目をどうしても気にする生き物ですから受け入れ難い事には反発してしまいますが、一度これを認めてしまえば今度は周囲に受け入れて貰えるよう行動したくなるものです。ここまで来ればあとは家の中で必要なものと不要なものを断シャリするだけでゴミ屋敷になる事を防ぐ事が出来ます。
悪い事をしているわけではないので負い目を持たずありのままの自分を受け入れてあげる事がゴミ屋敷回避の方法になるでしょう。

NEWS